現地3/25のNYダウは-292.60ドルの17,718.54ドルと大幅続落、
今朝8:20現在のシドニードル円は1ドル=119.48円で1銭の円高水準です。

また、シカゴCME日経平均株価は19,495円から19,525円前後の取引、
WTI原油先物は48.82ドルで-0.40ドルとなっています。

25日のNYダウは想定外の経済指標の悪化を受け景気の先行き不透明感が意識され続落、
NYダウの3日間の下げ幅の合計は409ドルに達しました。

また、25日の米ナスダック市場は2.37%の大幅安となっています。

従って、外部材料はマイナス要因で、
本日の日経平均株価は弱含みで推移しそうです。

特に、昨日の高値19,775円が3/23高値19,778円にあと3円まで迫りながら抜けなかったことで、
そこからザラ場で200円ほど日経平均株価は下げています。

従って、本日の下値のメドは昨日安値19,542円で、
このラインを守れれば大崩れはないと考えられます。

只、いずれてにしても、大勢上昇波動の中の短期的な調整として、
「節分底彼岸天井」のパターンが強まってきました。